変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

Works

住宅#1703

斜の屋根の家

所 在 地群馬県
竣 工 年2017年
建築面積71.23 m2(21.5坪)
延床面積115.92 m2(36.0坪)
設計/監理Studio Greencraft    日部 友裕
撮  影新 良太

KLASCさんに取り上げていただいています。

こちらもご覧ください。

無垢の木材の魅力に着目!2人の子どもの成長を見守る、2枚の大きな切妻屋根の住まい


現場の工事前から完成までの進捗をブログにまとめています。

家を建てたい、住まいを建てたいという方ぜひご覧ください。

↓↓↓こちらからご覧頂けます。

計画中物件 斜の屋根の家

地鎮祭

地盤補強

基礎工事

加工作業場へ

上棟日

上棟後

屋根

開口部

外部工事

内装工事-1

ある仕掛け

窓二つ

内装工事-2

木組

天井

板塀

カウンター

足場が外れました。

内装仕上げ

テラス

 

この住宅は、群馬県の緑豊かな場所に建つ住まいである。

北側には山があり、南側は田園が広がり、さらに一級河川と続き、

山から川へと谷あいの景色が広がっている。

住宅街は、幹線道路沿いに形成されていて、計画敷地においては、

他の住宅の影響も少なく、日当たりや眺望などに恵まれていた。

計画地は、両親の住む土地に、子世帯の住まいとして計画すると

いうことであった。親世帯の住宅との適切な距離感と、敷地の効

率的な利用を求められ、その距離感と、眺望を生かした空間との

バランスから、アプローチは始まった。

 

建主は夫婦と小さな子供2人の4人家族で、住まいに求められたのは、

これから成長していく、子供の気配をしっかりと感じられることだった。

イメージしたのは、大きな屋根の下の守られた空間の中に、それぞれ

の家族の生活が透けて混在しながら、繋がりを感じられる、強いては、

屋根の外にある親世帯との距離感も、離れすぎずにある。そんな空間

であった。

そこで、視線の軸を45度傾け、その軸に合わせて、2枚の大きな切妻

屋根とし、その中に回遊性のある、繋がる各スペースを設けた。

この傾けた軸なりの切妻屋根の下の空間は、方向性を生み、光の入り

方や眺望が明確になった。また、隣り合う親世帯の軸のずれは、お互

いの間接的な繋がり、それぞれの生活の気配を感じられる距離感を生

んだように思われる。

 

 

自然の豊かな場所から、玄関扉を開けて、屋内化された路地的な空間

としての、通り土間がある。この通り土間からは、メインとなる居室

や離れの個室やトイレなどへ繋がる。

また、この部分は「窮屈さ」を感じられるスペースを意識しており、

自然の眺望と、広がりのある切妻屋根の中へとゆっくりと誘導して

いく役割も持たせている。

 

玄関となる部分は、土間を広く設け、子育て中の建主にその都度自由

に使えるフレキシブルな空間として提案している。

仕上は、モルタル床、焼杉壁、ラワン家具など、味わいのある素材を

感じてもらえる空間としている。

 

傾けた45度の軸により生まれた三角形の部分は吹抜としている。この

吹抜は、それぞれのスペースを繋ぐものとしている。2階部分の廊下ま

で、玄関の通り土間から繋がり、その通りに面して各スペースを配置し

ている。

 

私自身が、無垢の構造材を用いた住まいづくりを意識していることも

あり、もう一度、これからの世代に木の住まいの素晴らしさや、魅力

を再確認してもらいたいとの思いが、以前よりあった。

そこで、山との境界であるこの場所から、木が溢れ、木の香りを感じ

られる空間、木造住宅の構造を身近に感じられる空間を発信したいと

考えた。

この考えを実現化する施工者への要件は、住まいへの思いを共有でき

ること、構造材を手刻みで行っていることにこだわり選定した。

出会った施工者は、自ら構造材の刻みだけでなく、箱物家具はもちろ

んのこと、テーブルや椅子といった脚物家具、建具等も自ら加工する

技術を持ち、その労を怠らない信念を持ち合わせている方だった。

構造材の加工を行っていた大工さんの作業場に通い、材木や仕口等の

確認を入念に行い打ち合わせを重ねることができ、限られた予算の中

で、施工者から提案される材種や施工方法など、設計の意図を説明し

ながらお互いの想いをすり合わせていった。