変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

Works

矢川の家

中土間のある住まい

所 在 地東京都
竣 工 年2016年
建築面積38.27 m2(11.57坪)
延床面積79.43 m2(24.02坪)
設計/監理日部 友裕/studio GreenCraft
撮  影新 良太

この住宅は、多摩エリアの自然のまだ残る住宅街にあり、

夫婦と子供1人のための住まいである。

敷地のあるこのエリアは、南側に向かい斜面となってお

り、建設敷地も道路から約3mの擁壁がそびえ立っていた。

造成されたその区画は、斜面を取り除かれた宅盤として存

在していた。初めてその場所に立った時の、景色の抜けた

感じには爽快さを感じ、その「爽快さ」を住宅内部に引き

込むことを目標として考えた。

防火規制もあり、また予算も限られていたため、その中

で何ができるかを重要視しながら生まれた形状は、擁壁に

より斜面を取り除かれた宅盤も一つの箱と捉え、その上に

住まう箱として在ることを考えた。その箱はシンプルな形

状とし、その中に繋がる「路地的な通路」沿いに各ゾーン

を設けることを考えた。

その「路地的な通路」は、道路から敷地内へ引き込まれ、

階段となり擁壁を昇り、住まいの箱の中へと招かれる。土

間からリビング、そしてワークコーナーから階段へとつなが

り、各階を連続させ屋上へと繋がっていく。

目標とした「爽快さ」のある景色も、この「路地的な通

路」と繋がりを持ち、生活の中にその景色が在ることが特

別でなく、日常として感じられることを願う。それが、そ

の場所に「住まう」ことではないだろうか。