変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

保育園乳児棟増築工事 仮組み

2018/05/17

保育園乳児棟増築工事

構造部の刻み作業が終わり、

作業場で仮組みを行うということで、確認に向かいました。

複雑な木組みの為、現場で実際に建てる前に

加工場で構造材を組み、最終チェックと、

その他の細い部材の加工を行います。

DSCN7282

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広い作業場の天井ぎりぎり。

45度で上がる屋根は、想像以上に高さが出てきます。

手前に見えるのは、柱。

八角形に加工してあります。

DSCN7300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梁や桁の水平材もきれいに納まっています。

斜めの水平材は、火打梁の役割も担っています。

DSCN7287

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8本の登り梁(母屋)の頂点は、柱がなく、太い芯棒に集まっています。

かぼちゃ束と呼ばれるものです。

この形式は、屋根の自重を利用して、屋根面を支える工法です。

後は、現場での上棟を待ちます。

現場の基礎は型枠も外れ、こちらも待っているようです。

DSCN7317

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場は保育園の一角、園児さんがいつも通り通園されています。

工事の様子が気になるようで、

時々職人さんにお話に来てくれる園児さんもいるそうです。

先生には止められていると思いますが、

きっとそれ以上に気になってしまうんでしょうね。

区画されている工事エリアから、フェンス越しの会話、

ちょっと不思議な光景かもしれません。

 

こちらの現場の状況は↓

保育園乳児棟増築工事