変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

寺院庫裏(書院)新築工事 材料検査

2018/01/30

話はさかのぼりますが、寺院庫裏(書院)材料検査を行いました。

現場が始まる前に、施工会社さんの加工場へ、

お寺のご住職と護持会の役員の方々と一緒に伺いました。

 

今回使う材料は全て無垢材。

柱などの材料は、ほぼ見え掛かりの材料なので

どんな木材を仕入れて貰えたのか

わくわくしながらお邪魔しました。

 

材料5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この材料はヒノキの柱

基本は5寸角(150mm角)

ヒノキのピンク色の美しい木肌でした。

 

材料11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても太いですが、これは床柱。

北山杉の出絞り丸太

自分は目通りと言って目線の高さで

太さを決めているので

木の根元はこれだけ太いです。

ちなみに、末口(木の先端)でサイズを決めることもありますよ。

 

材料3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この杉の板は、数年枚にお寺の境内の整備の為に伐採してあったもの。

丸太のままだったのですが、工事に合わせて持ち帰り挽いてもらいました。

開けてみたら、とても美しい肌だったので

建物にも採用も決まり、あとはどこに使うか。。。

皆様に宿題を頂きました。

 

こちらの工事の状況は↓

寺院書院