変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

小金井の集合住宅 根切り・山留工事

2017/08/29

小金井の集合住宅 根切り・山留工事

 

杭工事も終わり一次根切り開始です。

矢板といった木の板を差し込みながら

掘り進めます。

DSCN4797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4800

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに工事は進み、二次掘削です。

地下1階の建物なので、基礎などを含めると約4m下がっています。

掘削深さが深い為、腹起しに加え切梁も掛け渡しています。

腹起しは周囲の親杭や矢板部分の土圧に対する横架材(今回は鋼製)で、

切梁はそれを支える水平材です。

DSCN4885

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに掘り進んでいくと、最初に打ち込んだ杭が顔を出します。

DSCN4912

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4926

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事内容、規模に応じで私たちの監理するポイント

も変わってきます。

多様な工事が同時進行で重なると、頭の中の整理が一番苦労するところかもしれません。

その分、現場に足を運ぶと毎回新鮮な気分も味わえますが。

 

 

こちらの現場の状況はこちらから↓

小金井の集合住宅