変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

斜の屋根の家 加工作業場へ

2017/05/16

『斜の屋根の家』

元請の大工さんとの打ち合わせの為、作業場へ行きました。

最近は、工期短縮やコスト面から構造体をプレカットという

機械加工が主流ですが、今回は久々の手刻みで造る家です。

大工さんが墨付けし、柱や梁を手作業で加工していきます。

今回の物件は、小屋裏の垂木や梁を表し仕上としていることにプラスして

タイトルにあるように、屋根に斜の棟木がかかります。

複雑な高さ関係なのに、材料が全て表し仕上となるので

とてもシビアな納まりです。

 

およそ1か月半の加工も大詰め、細かな部分や納まりを

再確認のため、打ち合わせに。

すでに加工が終わり積み上げられた柱や梁、木のにおい、

切粉、大工道具、機械・・・・久々の感覚です。

建物中心の大黒柱に取り付く梁の仕口は特に拘ったようです。

それを熱心に話す大工さん。

どれもワクワクさせられる時間でした。

上棟が楽しみです。

DSCN3917DSCN3924

DSCN3926