変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

せっかく家を建てるなら、本当に「愛着を持てる、気に入った住まいにする」っていかがですか?

2018/12/03

私たちは「住まい」という建物を設計することだけでなく、そこに「どう住むか」を

大事に考えている設計事務所です。

仕様や標準プランなどなく、全てゼロから生み出します。そこに住む人が、住まいで

「何をしたいか」からアプローチしていきます。

私たちのご提案に対して、住む人のワクワク感や、期待感を共有してもらいながら

進めることで、喜びや楽しさを感じてもらいたいです。

 

本当に「愛着をもてる、気に入った住まい」となるために、私たちが大事にしている

ことがあります。

 

1. 簡単に「できない」とは言わない。

難しい問題に対しても、何かしらの解決策を住まい手と共に一緒に探っていきたい。

他の会社では無理だと言われた「不可能」を、しがらみに囚われずに考え「可能」

に近づけたい

その結果「思っていた以上の提案だった」と言ってもらえた時は、この仕事をやって

きたことが誇り思えます。

 

2. 住まい手が「気に入って」「誰かに自慢したくなる」住まいをつくりたい。

どんなにその時満足した住まいが完成しても、ライフスタイルの変化や、経年変化、

住宅設備の仕様が古くなることで、不便を感じることがあるかも知れません。というか、

そうなります。

でも、愛着を持った家なら、不便に感じることすら、「些細なこと」と感じられること。

それが理想です。住まいの形には正解はありません。人と同じように、住まいの個性も

それぞれ違っていても良いと思っています。

「誰かに自慢したくなる」ことって素敵だと思います。

 

3. 住まい手と対話をしながら進めていきたい。

設計事務所は建物を設計した場合、工事中も監理業務として、第三者としての施工による

不具合のチェックや、予算管理など多岐に渡ります。

まだ形のないお話の時から、建物が完成するまで、さらには住んでからと、長いお付き合い

となります。

建てる方に信頼感を持っていただけることは当然ですが、私たちも、建てる方とのお互いの

信頼感が必要だと考えています。

 

住まい手だけでなく設計者も施工業者も「この住まい造りに携われて良かった」と思えること。

私たち設計事務所との住まいづくりは、施工業者も含めてお互いの顔の見える安心感、信頼感

があります。

造り手も、良い建物をお届けしたいという気持ちです。この「共に喜びを感じる住まいづくり」

に共感してもらえると幸いです。

 

 

お手伝いできることのメニューです。

クリックすると新しくページが開きます。

お気軽にお問い合わせください。

たてもの勉強会・相談会【無料】

 

 

 

土地探しのサポート【無料】

 

 

 

もしも設計を頼んだら「どんな流れで進んで」「どんな家に住めるの」

 

 

 

住まい計画にかかる費用とは

 

雑誌掲載のお知らせ

2019/09/01

早いもので今日から9月です。

住宅#1703が、建築場所の地元の住宅雑誌
「群馬の家」2019秋冬号の
土地と建物、そして家族の関係 住まいの情景
という巻頭特集で紹介していただいてます。

「群馬の家」2019年秋冬号

P16-P21に掲載されています。

私たちの住まい作りを知っていただくきっかけになればと思っています。
もし、お手に取る機会がありましたら是非ご覧ください。

カベトモヒロ

タケノコ掘り

2019/05/13

カベトモヒロです。
以前、寺院の書院を設計させていただいた
お寺さんにご挨拶に行かせて頂きました。

突然、家族でお邪魔したのにもかかわらず
ご住職にもてなして頂きありがとうございました。

竣工してから約1年半
まだまだ木の香が漂い、窓の外の景色も新緑が映え
改めて、良いご縁を頂いたことに感謝しないといけないと感じました。

帰りに、タケノコ掘りもさせていただき、
 
 
 
IMG_8801
 
 
 
子どもと一緒に楽しく掘らさせて頂きました。
ありがとうございました。

鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム

2019/05/13

カベトモヒロです。
連休中、鎌倉文華館 鶴岡ミュージアムへ行ってきました。

聞きなれない名前ですが、この建物は、鎌倉の鶴岡八幡宮の境内にある
「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」です。

ル・コルビジェに師事した坂倉準三設計の建物で、
大変おこがましい言い方ですが、素晴らしい建築物です。

今回、解体の危機を乗り越え、耐震補強や改修工事を経て、
鎌倉文華館 鶴岡ミュージアムとして生まれかわりました。

その開館に先立ち、建築公開があったのです。
いつも写真撮影をお願いしている「新良太」さんが
改めて撮影を長い時間をかけてされていたようで
その縁で。ぜひ改めて建物を見たいと思って
行ってきました。

 

IMG_8670

 
 
 
IMG_8688
 
 
 
IMG_8709
 
 
 
IMG_8716
 
 
曇天でしたが、とても気持ちのよい空間です。
鎌倉へ行った際には足をのばして
また、建物を感じてみたいです。

4月も終わります。

2019/04/27

カベトモヒロです。

4月もあと僅か。ということは平成もあと僅かとなった
連休を目前としたこの時期、
いかがお過ごしですか。

今年は祝日の日数も長めになっているので
工事着工までの工程も慌ただしくなってしまいました。

このタイミングを逃すといつになる。
そんなやり取りを繰り返しながら
地鎮祭、確認済証の取得、工事着工と無事に迎えられました。
 
 
 

IMG_8577
 
 

地鎮祭の時砂山の写真です。
無事故で、無事にお引き渡しをむかえられるよう励まさせて頂きます。

そのあと、流れるように地盤改良工事へと続き
連休前までの予定を乗り切ることができました。

 

IMG_8580

 
 
 
IMG_8592
 
 
 
来月はただ5月というだけでなく、新しい始まりの月です。
気持ちも新たにして、益々お役に立ててると思えるよう
励まさせて頂きます。

計画物件#1903

2019/04/13

カベトモヒロです。
引き続き、計画の物件の模型紹介です。

 

IMG_8433

 
 
雑な仕上がりですが、ボリュームチェックを兼ねているので
切ったり貼ったり繰り返しています。

開口の高さも違ったり、隙間があいていたり。。。
 
 

IMG_8432
 
 
少し上から見た感じです。

この物件は、建物の一部を切り取り、L字の建物と庭としています。
そこの庭に面して各スペースを配しました。
更に内部のエリアをズレを生じながら上部へと引き込んでいきます。
 
 
IMG_8434
 
 
IMG_8465
 
 
屋根とテラスの床の隙間を通じて、下のスペースとのつながりを出しています。
 
 
IMG_8441
 
 
L字に開いた庭越しに見た感じです。

1 / 3212345...102030...最後 »