変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

小金井の集合住宅 1F型枠工事

2018/02/19

小金井の集合住宅

今、更新のペースが追いついていない物件です。

 

とは言っても、せっかくの機会なので、しっかりと

行程に沿ってご紹介したいと思います。

 

1階の壁と2階の床工事です。

柱も綺麗に配筋されています。

型枠は、まずは外周面から建っていきます。

DSCN5447
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5457

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
DSCN5464

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幅と高さのイメージがわかるので

何となく建物の大きさが出てきます。

写真にはないですが、壁の配筋後に型枠を返していきます。

梁の形も出てきました。

DSCN5610

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5604

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スラブの型枠も上がり、梁の配筋も定位置におさまっています。

 

DSCN5751

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5755

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの方々が工事には携わっています。

皆さんの素晴らしい仕事により、建物が完成へと向かいます。

 

DSCN5758

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついこの前まで地下の工事だったのに

ここまで高くなりました。

 

こちらの現場の状況はこちらから↓

小金井の集合住宅

矢川の家に訪問

2018/02/17

こちらは、もう一つのブログG.CraftDaiary

書いた記事です。

 

昨年完成したお住まいへお伺いしました。
o0958096014130568228
お打ち合わせでお伺いしましたが、
「ご家族でいらしてください」と
お誘いいただき、娘も連れていきました。
久々の訪問、
壁や床の木の色は焼け少し濃くなり、
家具やカーテンなど
ご家族らしい温かい雰囲気のお住まいに
なられていました。
o0574096014130568234
同じくらいのお子さんがいらっしゃるので、
お友達の家に遊びに来たように、
娘も楽しんでいました。
帰る頃には、きれいだったお部屋も
たくさんのおもちゃを出してしまい
申し訳ないくらい、遊ばせていただきました。
o0540096014130568236
こうして、完成したお住まいに
お伺いさせていただくと、
家をつくると言うお仕事の意味と
大切さを改めて感じさせていただく事が
できます。
また、素直に嬉しいです。
楽しい時間をありがとうございました。

保育園乳児棟新築工事の地鎮式に。

2018/02/16

こちらは、もうひとつのブログG.CraftDaiary

書いた記事です↓↓

 

先日、地鎮式に参加しました。

これから着工する保育園乳児棟の新築工事です。

地鎮式には、年長の園児さん達も参加され、

園長先生のお話やお歌、園児さんによる献花など

保育園らしい雰囲気でした。

園長先生からは

「建物を建てるには、それを考えてくれる設計者の方がいるんですよ。

乳児棟を設計された日部さん、

そしてその建物をこれから一生懸命作ってくれる建設会社の方」

というようなご紹介をいただいて、園児さんの前で一言ずつご挨拶を。

いつもと違ってお子さん達の前でお話しするので、

日部を含め、皆さんいつもより丁寧な挨拶だったと思います。

とても寒い日でしたが、園児さん皆さん最後までしっかり列に並んで、

お歌も大きな声で一生懸命歌ってくださいました。

ほのぼのとしたとても心温まる地鎮式でした。

 

よろしかったら、こちらのblogも覗いてみてください。

o016001601326330217525G.CraftDaiary

 

もうひとつ、ブログがあります。

2018/02/28

ホームページをリニューアルする前に

更新していた、もうひとつブログがあります。

こちらは、ホームページとは一味違ったブログとなっていますので、

よろしかったら、覗いてみてください。

 

o016001601326330217525

 

 

 

 

 

StudioGreenCraft official blog

寺院庫裏(書院)新築工事 火灯窓

2018/02/23

寺院庫裏(書院)新築工事

玄関には火灯窓を設けています。

DSCN5992

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火灯窓が取り着くと、お寺の雰囲気が増してきました。

ちなみに外観は

DSCN5959

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外部の火灯窓は、まだ見えないです。

 

外装工事も、進んできています。

最終的な仕上は漆喰になりますが、その下地としてモルタルを塗る仕様

としています。

 

取り付け前の火灯窓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、火灯窓と書いて「かとうまど」と読みます。

漢字については、いろいろと他にも書き方があるようで

花頭窓とかもあるようです。

 

ロウソクの灯火のようだから火灯窓

蓮の花の形から花頭窓

どちらも、それらしき理由がありそうです。

 

今回はご住職にお話をを聞いた結果

火灯窓と記載しました。

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

11 / 30« 先頭...910111213...2030...最後 »