変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

小金井の集合住宅 B1F型枠脱型

2018/02/23

小金井の集合住宅

この頃になると、一番最初に打設した部分の天井の型枠を外せる時期となります。

基本的には、コンクリートを打設してから28日間の養生の後、外すことができます。

打設したコンクリートの強度試験の最終も28日間。

その結果も確認します。

DSCN6205

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6207

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁にある白い部分は、地下二重壁です。

地下二重壁とは、コンクリートと室内の仕上げの間にもうけた隙間で、

建物の地下部分で万が一、コンクリートのクラック等から内部に地下水が

染み込んできた時に、水を排水する防護壁となるものです。

いろいろな方法がありますが、コンクリートに打ち込むタイプの既成二重壁を採用です。

 

こちらの現場の状況はこちらから↓

小金井の集合住宅

寺院庫裏(書院)新築工事 器具付け

2018/07/09

寺院庫裏(書院)新築工事

器具付けです。

ものすごい数の便器が。

DSCN6361

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井に仕込む蛍光灯も付きました。

 

DSCN6348

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院 

 

寺院庫裏(書院)新築工事 漆喰塗り

2018/10/02

寺院庫裏(書院)新築工事

室内の主な仕上げは漆喰左官です。

各室の漆喰が塗り上がりました。

DSCN6355

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6357

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6354

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6382

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

寺院庫裏(書院)新築工事 足場ばらし

2018/10/05

寺院庫裏(書院)新築工事

足場が外れました。

 

玄関の様子が見え、外構工事も進んでいます。

DSCN6340

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

 

寺院庫裏(書院)新築工事 トイレ

2018/02/23

寺院庫裏(書院)新築工事

 

男性用トイレです。

形が見えてきました。

昔、建物をみたらトイレを見てこいと教わりました。

なので、今でもトイレの雰囲気作りは、とても大事にしています。

DSCN6345

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6363

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、木とタイルと漆喰を使います。

素材感のあるそれぞれの材料の組み合わせです。

床は大判タイル。

壁は面で分けていて、木の部分はサワラ材。

廊下の天井や外部の軒天にも張っています。

サワラは、杉と桧の中間のようなイメージの肌です。

水に対しても強い方なので、水わまりに仕様する場合が多いです。

タイルはLIXILの窯変ボーダー張り、その他の壁は漆喰塗りで仕上げています。

 

やはり、素材感のある材料は良いですね。

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

 

 

 

 

11 / 32« 先頭...910111213...2030...最後 »