変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

井の頭の住宅 断熱材

2017/09/05

井の頭の住宅

断熱材は現場発泡ウレタンフォームを提案しました。

高気密高断熱の住宅を希望されていた為、これまでの経験と

その結果からこの工法を提案しました。

ちなみに壁には70mm屋根の下には170mmを最低基準として

施工しています。

最低基準なので、ほとんどの壁に柱の厚み分の断熱材が入っています。

DSCN4782DSCN4778

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、何を基準にこの工法を提案したのかですが、
断熱性を高めるのに良い断熱材を使っても、建物が隙間だらけだと意味がありません。

隙間からどんどん熱が逃げてしまいます。そこで、気密性を高める必要が出てきます。

この断熱性能と気密性能の2つを高めていくことが大事だと考えています。

 

断熱材の施工に合わせて行う気密性の確保という点では、

現場監督さんや、職人さんの技量や知識によって左右されるところも大きいです。

そこで、現場状況に左右されないウレタン吹き付けの断熱材を多く使っています。

この材料は、液体の材料を吹き付けると発泡してモコモコと膨らみ、隙間を埋めていきます。

内側にシームレスな断熱層を作ることができます。
気密を高めるということは、メリット・デメリットを含めて色々と考え方もあり、住まい方

にも少し工夫が必要です。

この続きを知りたいという方、ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

こちらの現場の状況は↓

井の頭の住宅

 

井の頭の住宅 鉄骨階段

2017/09/01

井の頭の住宅

階段は鉄骨階段です。

木造の場合でも、木製では出来ないシンプルな造りの鉄骨階段を提案することが多いです。

ある程度工場で加工されてきた階段材を現場で溶接して取り付けていきます。

DSCN4675DSCN4680DSCN4695

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の階段は、壁から突き出て浮いているような形状になっています。

段板がとりついている横のササラという部材は

最後は壁の中に隠れます。

 

過去の作品を含めて、鉄骨階段をいろんなパターン作らせていただいています。

今回もまたこれまでにはないものを取り入れながらデザインしました。

この家のアクセントになってくれる階段になると思います。

 

こちらの現場の状況は↓

井の頭の住宅

井の頭の住宅 構造部分

2017/08/31

井の頭の住宅

木造2階建て在来工法の住宅です。

この規模の建物では、建築基準法上では、4号建築物構の特例があるので詳細な構造計算ではなく、

建築基準法で定められた、最低限の基準による構造計算を確進めますが、

私どもは方針として詳細な構造計算は必ず行っています。

詳細な計算をすることにより、壁量はもちろん、梁の大きさまでが計算によって確定できます。

 

DSCN4528DSCN4569DSCN4559

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場では、筋交い、金物などがその構造計算から導いた図面の通り施工されているか、

補強金物の取付方などをチェックしています。

 

一番下の写真は、上棟時に書いた『その登り梁のある大きな空間の中にもう一つ箱を設けた』

空間ですが、その雰囲気が感じられるようになってきました。

 

こちらの現場の状況は↓

井の頭の住宅

井の頭の住宅 屋根工事

2017/08/30

井の頭の住宅

上棟後の現場では、まず進めるのが屋根工事。

2階天井は、小屋裏がなく屋根形状成りです。

今回の住宅は通気は屋根面でとっています。

この通気のスペースの取り方は、室内の表し方によって使い分けています。

今回は、屋根通気スペーサーを使用しています。

この下に断熱材170mm入ります。

詳しいことは後日ご紹介します。

ちなみに紙に包まれているのは化粧梁です。

 

 

DSCN4519DSCN4521

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4765

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げはガルバリウム鋼板の竪ハゼ葺きです。

意匠面と対候性などから、ガルバリウム鋼板屋根を提案することが多いです。

 

 

こちらの現場の状況は↓井の頭の住宅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイルサンプル

2017/08/29

計画中の建物の打ち合わせの中で、

青い色・・・藍色といったキーワードをもらいました。

その色をタイルで表現しようと思い

サンプルを取り寄せました。

今回は平田タイルからピックアップです。

焼き物なので、実物を見るとカタログのイメージとは違っています。

 

IMG_3388

 

IMG_3390

 

アップの写真。

青といっても色味で印象が違いますね。

19 / 25« 先頭...10...1718192021...最後 »