変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

斜の屋根の家 上棟日

2017/07/24

『斜の屋根の家』

上棟日です。

この住宅の中心となる大黒柱とそれにかかる梁、

多少手こずっていましたが、それもまた大工さんが

手刻みで作っている証拠のようなもの。

無事に組まれると、既に良い骨組みだと感じさせてくれました。

 

DSCN4138

DSCN4163

DSCN4185

南北へと延びる屋根の棟木をかけています。

仕口の複雑さがよくわかります。

DSCN4193

棟木があがると、上棟式へ。

棟梁が祝詞をあげ、清めの塩、酒、餅を四方に撒き。

上棟式は各地で色々な形式があります。

 

無事上棟したことの感謝とこれからの工事の安全を願います。

上棟をむかえると、一時胸をなで下ろす瞬間。

建物の全景が見えると、これまで描いていたものが実際に形になり、

私たちもそうですが、きっと建主も嬉しさがこみ上げられることだと思います。

これから工事は進み、その嬉しさと楽しさが益々増えていくんだと思います。

 

 

 

 

斜の屋根の家 加工作業場へ

2017/05/16

『斜の屋根の家』

元請の大工さんとの打ち合わせの為、作業場へ行きました。

最近は、工期短縮やコスト面から構造体をプレカットという

機械加工が主流ですが、今回は久々の手刻みで造る家です。

大工さんが墨付けし、柱や梁を手作業で加工していきます。

今回の物件は、小屋裏の垂木や梁を表し仕上としていることにプラスして

タイトルにあるように、屋根に斜の棟木がかかります。

複雑な高さ関係なのに、材料が全て表し仕上となるので

とてもシビアな納まりです。

 

およそ1か月半の加工も大詰め、細かな部分や納まりを

再確認のため、打ち合わせに。

すでに加工が終わり積み上げられた柱や梁、木のにおい、

切粉、大工道具、機械・・・・久々の感覚です。

建物中心の大黒柱に取り付く梁の仕口は特に拘ったようです。

それを熱心に話す大工さん。

どれもワクワクさせられる時間でした。

上棟が楽しみです。

DSCN3917DSCN3924

DSCN3926

斜の屋根の家 基礎工事

2017/05/16

『斜の屋根の家』

基礎工事、コンクリート打設作業です。

ポンプ車を使って、基礎の立ち上がり部分の打設をしてます。

設計監理では、打設前に背筋やアンカーボルトの位置、

コンクリート強度などを確認しますが、

住宅の場合は私たちの検査の他に、施工会社の加入する瑕疵担保法で

定められた保険会社の現場検査もあります。

コンクリートを打ってしまうと、隠れてしまう部分なので

慎重に確認しながら進めています。

IMG_0564

井の頭の住宅 配筋検査

2017/07/24

井の頭の住宅 基礎の配筋検査です。

鋼管杭はこの基礎の下に乗るように施工されています。

 

DSCN4069

DSCN4086

現場では、図面通りに鉄筋が組まれているか、実際に確認します。

斜の屋根の家 地盤補強

2017/07/24

斜の屋根の家

こちらも話が遡りますが、

工事着手前の地盤調査で、軟弱な層があることがわかり

地盤改良を行いました。

この物件は、比較的新しい工法で砕石を使った柱状改良です。

セメントを使用しないので、六価クロム発生の心配がないのが主な特徴です。

建主は子育て中、この工法を提案しました。

 

DSCN3937

DSCN3939

22 / 25« 先頭...10...2021222324...最後 »