変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

住まい計画にかかる費用とは

2018/07/30

家づくりにあたり、考えておきたい費用は様々あります。

詳しくは、無料で開催している「たてもの勉強会・相談会」で

実際の予算書を元に詳しく資金計画をご説明しています。

ここでは、その中から主だったものをご紹介します。

 

建築工事費


●建物本体費(木造住宅の場合です)

建物の建築費です。予算計画に合わせた金額を目標に

仕様決定をし設計を進めていきます。

私たちの設計する住まいは、仕様が決まっている訳ではありません。

住まわれる方の希望に対し一緒に優先順位をつけ、予算に合わせて話し合うというスタンスになっています。

なので、今までの実績としてご紹介する建築費用は、仕様が違う場合が多く、単純に比較はできませんが

1800万円代から3000万円の間となっています。(消費税抜き)

坪単価でいうと、60万円/坪〜85万円/坪となっています(消費税抜き)

 

工事を請け負う業者につては、私たちのお付き合いのある業者のお見積後に決定する方法と

お客様のご紹介の業者様でも対応可能です。

ただ、私たちはコミュニケーションを大事にしていますので、

ご紹介の業者様とお話しさせていただく場合もあります。

●解体工事費

建て替えの場合や、古屋付きの土地購入の場合に必要です。

●地盤改良費

地盤調査の結果を受けて必要になる場合があります。

実際の土地で検査を行うまで必要かどうか決まりません。

●外構・塀工事

●上水・下水等引き込み費用

土地に引き込み菅がない場合等に必要です。

 

 

設計監理費


Flowのページでもご紹介していますが、基本的には私たちの仕事は、設計する建物の面積により

作業量が変わってくると考えています。

建物の用途や規模、構造により異なりますが、ここでは、一般的な住宅の場合の目安を記載します。

 

住宅の場合

■木造2階建ての場合

8万円/坪+確認申請手続き費35万円

【消費税・構造計算を除く・確認申請から完了検査まで納入費用含む】

■木造3階建ての場合

10万円/坪+確認申請手続き費45万円

【消費税・構造計算を除く・確認申請から完了検査まで納入費用含む】

*上記費用は目安で、確認申請以外の手続きが必要な場合、別途費用とさせていただきます。

実際には、敷地調査の上、お見積書をご提示します。

■混構造、RC造、S造

敷地調査の上、お見積書をご提示します。

 

 

 

土地購入に関する費用


土地の購入から建物を建てる場合にかかる主な費用です。

■土地代

■登記費用

■不動産会社仲介手数料

■土地代のつなぎ期間の金利または返済開始

 

 

 

建物諸費用


■火災保険料

■建物表題登記・保存登記

■保証料・団信・銀行手数料

銀行ローンご利用の場合。金融機関の取り扱いによります。

 

 

その他費用


■土地測量代

土地の大きさが未確定の場合、道路のセットバックが必要な場合など

測量をお願いすることもあります。

■地鎮祭

仏式や神式などあり、工事を始める前にその土地の神様に、工事の安全と

お住まいになられる方のことをお守りいただく儀式です。

DSCN3845-660x495

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3831-660x495

 

 

 

 

 

 

 

■上棟式

「建前」「棟上」ともいいいます。

屋根の棟木という部材を取り付けた時点でこれまでの工事の無事を喜び、感謝する儀式です。

私たちは、建主と工事行う職人さんとのコミュニケーションの場としても考えています。

まだまだ工事は続くので、住む人が見えることは、職人さんから見ても、気持ちが入ると思います。

式の大小は関係ないと思いますので、良い思い出作りにもなるので是非行って欲しいです。

DSCN4193-e1495005440495-495x660

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■カーテン・家具代

■引越し代

■電話・インターネット等引き込み工事

 

 

その他


ここでご紹介したことについてご質問や、もっと詳しく知りたいと思いましたら

お気軽に無料相談会にご参加下さい。

無料相談会の申し込み

寺院庫裏(書院)新築工事 上棟後

2017/10/09

寺院書院

上棟後の現場です。

屋根工事が進んだ室内空間。

DSCN4956

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4959

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物の周囲は山に囲まれて、さらに谷もあり、そこには川が流れています。

その影響か、湿気の集まりやすい場所なので、

見えない部分も、できる限り合板を使用しないで、無垢板を使っています。

合板は湿気に弱いという部分もあるので、

写真は屋根の下地ですが、見える部分は全て無垢板の下地です。

DSCN4963

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

斜の屋根の家 開口部

2017/09/05

斜の屋根の家

工事も順調に進み、窓サッシが取り付いています。

窓の外は、緑豊かな山々と田んぼの稲穂も美しい景色。

外壁は左官に塗装仕上げなので、下地に12mmの木摺を打っています。

その等間隔の隙間から漏れる光と窓からの景色のコントラストがなんともキレイです。

残念ながら・・と言っていいのか、工事中の今だけ見られる風景です。

 

DSCN4826

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この木摺の写し出す光の模様をあえて表現するのも楽しそうです。

 

こちらの現場の状況は↓

斜の屋根の家

寺院庫裏(書院)新築工事 上棟

2017/09/02

寺院書院

 

真壁の数奇屋風の建物です。見える柱は全て仕上材。

骨組みとはいえ、扱いも慎重です。

基礎同様、建物高さも高く、柱はヒノキ5寸無垢材を、

写真の部分の梁せいは450mmを使用しています。

DSCN4840

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4808

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軒の組み方にもこの後の仕掛けがあります。

 

DSCN4839

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柱には養生材が巻かれているので、ぞの姿は後日。

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

土地探しのサポート【無料】

2018/07/28

土地探しからのご相談も承っております。


初めての不動産購入にあたり、不安や悩みもあるかと思います。

中でも土地を購入し、そこから建物を建てるには、土地と建物との関係も密接です。

これから住み続けるための場所探しなので、住む上で重要視するポイントも、

生活環境であったり、利便性であったり、学校との距離であったり、その他

いろいろとあると思います。

そこで、どんな建物が建てられるのか、法の規制がどうなっているのかはもちろん

土地と建物にかけるご予算の配分もご相談ください。

土地探しからサポートがあることで、安心して住まいづくりができればと思います。

 

 

具体的にどんなことがお手伝いできるのか


●不動産購入にあたり諸条件の整理の仕方

●資金計画の立て方

●不動産の資料の見方

●法的な制限によるボリュームチェック

【斜線制限等を考慮した建物の使用可能面積の目安の算出】

●土地の契約にあたり注意すること

●候補のある方は敷地への同行、気になる点の質問、また、不動産会社への打ち合わせの同行なども。

【同行の場合は、交通費のみご負担をお願いしています。】

●銀行ローン審査用の資料の作成。

 

上記のお手伝いできることは基本的に無料です。


真剣にお悩みいただいている方へのアドバイス、お手伝いには費用は頂いていません。

(同行の場合の交通費は除きますが・・・)

具体的な候補地がなくても、無料で行っている「たてもの勉強会・相談会」

も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

無料相談会申し込み

 

最後に。


建物の設計に先立つ、土地探しのサポートとなります。

当事務所は、不動産業を行っていないので、必ずしも希望の土地を見つけるという

メニューではありませんので、あらかじめご承知ください。

不動産の契約にあたり、最終的に責任のある判断をするのはご本人様です。

そのサポートを建物側からできればと考えています。

 

 

23 / 30« 先頭...10...2122232425...30...最後 »