変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

小金井の集合住宅 杭工事

2017/08/10

小金井の集合住宅。

こちらも、工事着工となりました。

以前のブログで地盤調査の様子をお伝えしました。

その結果はローム層の続く良好な地盤でしたが、

計画の建物は地下1階、地上3階のRCラーメン構造。

地下のコンクリートも荷重もあるため、

建物の総重量から杭工事が必要になりした。

今回は鋼製杭を使用しています。

杭の工期も早く、残土も出ない工法です。

DSCN4751

DSCN4746a

試験杭では、各部材の確認や施工上状況、データを逐一確認をしています。

 

こちらの現場の状況はこちらから↓

小金井の集合住宅

 

井の頭の住宅 上棟

2017/08/10

なかなかブログ更新が出来ず、現在進行中の現場の記事は少し遅れながら更新しています。

 

井の頭の住宅 上棟日。

木造軸組、2階は根太レス工法の住宅です。

2階は屋根形状なりの登り梁。

室内は、その登り梁のある大きな空間の中にもう一つ箱を設けて、

空間に優しい変化を設けたいと思っています。

木組みからもその様子が少し分かっていただけるかもしれません。

DSCN4403

DSCN4440

DSCN4462

 

建物の形も見え、工事もスピード感を増して進んでいきます。

どんどん完成へ向けて変化していく現場に足を運ぶ事を

もしかすると建主以上に楽しみにしているのかもしれません。

 

 

斜の屋根の家 上棟後

2017/08/02

この住宅のタイトルの

「斜の屋根の家」

ここにある「斜」という文字の意味はここにあります。

 

DSCN4186

 

棟木を斜めにかけた形状になっています。

空に向かって伸びていくように。

 

DSCN4243

 

斜めの棟木の下からの写真です。

屋根を支えている小屋組といわれる部分は

化粧の表し仕上としているので、この段階で塗装を済ませています。

 

DSCN4246

垂木も塗られています。

 

DSCN4249

垂木もこの斜め棟木に全て取り付きます。

 

進捗状況は、また更新します。

小金井の集合住宅 地鎮祭

2017/07/24

こちらも、少し前のお話です。

以前より計画していた小金井の集合住宅

 

この度、地鎮祭をむかえることが出来ました。

まず入り口で、手水で清めます。

IMG_2715

綺麗な設営でした。

IMG_2713

設計の打ち合わせから始まり

実施設計、各申請と慌ただしく準備してきましたが

とりあえず一段落したような気がします。

RC造なので工期も来年の春まであります。

ここから身を引き締め、完成まで頑張りたいと思います。

斜の屋根の家 上棟日

2017/07/24

『斜の屋根の家』

上棟日です。

この住宅の中心となる大黒柱とそれにかかる梁、

多少手こずっていましたが、それもまた大工さんが

手刻みで作っている証拠のようなもの。

無事に組まれると、既に良い骨組みだと感じさせてくれました。

 

DSCN4138

DSCN4163

DSCN4185

南北へと延びる屋根の棟木をかけています。

仕口の複雑さがよくわかります。

DSCN4193

棟木があがると、上棟式へ。

棟梁が祝詞をあげ、清めの塩、酒、餅を四方に撒き。

上棟式は各地で色々な形式があります。

 

無事上棟したことの感謝とこれからの工事の安全を願います。

上棟をむかえると、一時胸をなで下ろす瞬間。

建物の全景が見えると、これまで描いていたものが実際に形になり、

私たちもそうですが、きっと建主も嬉しさがこみ上げられることだと思います。

これから工事は進み、その嬉しさと楽しさが益々増えていくんだと思います。

 

 

 

 

28 / 32« 先頭...1020...2627282930...最後 »