変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

寺院庫裏(書院)基礎コンクリート打設

2017/08/19

寺院書院の増築工事

基礎コンクリート打設作業です。

配筋作業が完了したところで現場検査を行い、

その後基礎耐圧部分のコンクリートを打設します。

DSCN4347

 

こちらの現場の状況はこちらから↓

寺院書院

寺院庫裏(書院)新築工事 根切り

2017/08/19

寺院書院の増築工事 根切り作業。

静かな山中に厳つい重機、少し違和感のあるような光景に思えます。

DSCN4232

 

建物の配置やレベル(高さ関係)を現場で確認し、

基礎に合わせて地面を掘り下げていきます。

本格的に工事着工です。

 

こちらの現場の状況はこちらから↓

寺院書院

斜の屋根の家 屋根

2017/08/10

斜の屋根の家

タイトル通り特徴的なのが、切妻屋根が四角の対角線上で合わさるという屋根の形状です。

建物を大らかに覆うような斜めの屋根。なかなか、言葉で表現するのは難しいのですが。

DSCN4293

屋根仕上げは、ガルバリウム鋼板平葺きです。

 

DSCN4303

2階の天井はその骨組みが表しになっています。

屋根ができると、その様子がよくわかるように。

 

DSCN4321

以前の屋根のない時とは雰囲気が変わりました。

 

DSCN4336

 

1階のリビングから吹抜けを見上げたところ。

棟木に垂木が斜めに掛かり、キレイに見えるかと。

小屋を表し仕上としていますが、

実は断熱材は野地板の上にあります。

今回は、断熱性能の高いネオマフォームの66ミリを

外断熱として敷き込んでいます。

DSCN4237

 

こちらの現場の状況はこちらから↓

斜の屋根の家

 

 

小金井の集合住宅 杭工事

2017/08/10

小金井の集合住宅。

こちらも、工事着工となりました。

以前のブログで地盤調査の様子をお伝えしました。

その結果はローム層の続く良好な地盤でしたが、

計画の建物は地下1階、地上3階のRCラーメン構造。

地下のコンクリートも荷重もあるため、

建物の総重量から杭工事が必要になりした。

今回は鋼製杭を使用しています。

杭の工期も早く、残土も出ない工法です。

DSCN4751

DSCN4746a

試験杭では、各部材の確認や施工上状況、データを逐一確認をしています。

 

こちらの現場の状況はこちらから↓

小金井の集合住宅

 

井の頭の住宅 上棟

2017/08/10

なかなかブログ更新が出来ず、現在進行中の現場の記事は少し遅れながら更新しています。

 

井の頭の住宅 上棟日。

木造軸組、2階は根太レス工法の住宅です。

2階は屋根形状なりの登り梁。

室内は、その登り梁のある大きな空間の中にもう一つ箱を設けて、

空間に優しい変化を設けたいと思っています。

木組みからもその様子が少し分かっていただけるかもしれません。

DSCN4403

DSCN4440

DSCN4462

 

建物の形も見え、工事もスピード感を増して進んでいきます。

どんどん完成へ向けて変化していく現場に足を運ぶ事を

もしかすると建主以上に楽しみにしているのかもしれません。

 

 

3 / 712345...最後 »