変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

保育園乳児棟増築工事 地縄

2018/03/29

保育園乳児棟増築工事

 

地縄張りを行いました。

敷地は保育園の一角、別棟の増築工事。

図面と現地を確認しながら、建物に位置に縄を張ってもらいます。

最近は縄ではなく、白いビニールテープが主ですが。。。

DSCN7100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真では解りづらいですが、建物の形状が八角形なんです。

どこにも直角の部分が無いので、作業も少し手間取っているようでした。

8角形の建物は、保育園の園長先生からは夢の詰まった形といって頂き

まさにその通りだなと。

 

いよいよ、これから本格的に工事が始まります。

 

こちらの現場の状況は↓

保育園乳児棟増築工事

 

 

 

 

 

 

 

素材感に注目してご紹介します。

2018/03/19

今日は、これまで設計させていただいた住宅の

『素材感』に注目してご紹介していきます。

 

住宅を設計するときに、仕上げに使う材質の素材感を意識しています。

木や鉄、左官、コンクリート、モルタル、タイル、紙、石・・・など

仕上げで使われる素材は様々あります。

実際に触れた時の手触りはもちろん大切ですが、

その空間全体を左右する雰囲気や風合いが素材にはあります。

また、様々な素材を組み合わせることで空間に変化を与え、

新鮮さ、楽しさ、また居心地の良さにも繋がっていると思います。

 

公園を望む家より

漆喰壁、鉄骨手摺り、無垢床板

K1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜の屋根の家より

モルタル土間、焼杉板の壁と天井、ラワン材を使った収納

杉無垢板の段板

DSC_4121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葛西の住まいより

タイルの壁、杉圧密フローリング、シナ合板の建具、

デザインガラス(タイル壁の開き)

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢川の家より

ラワン合板の棚、鉄骨手摺り、無垢米松梁と杉柱

DSC_0372

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公園を望む家より

鉄骨階段ササラ、ナラ集成材段板、杉圧密フローリング、

杉板腰壁、しっくい壁、杉無垢柱

K2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タテノニワより

ステンレスカウンター、ブラックチェリー材の収納、珪藻土左官壁、

無垢米松梁、チェリー無垢フローリング

IB_S_BASIC_COPYRIGHT = RYOTA ATARASHI

 

矢川の家より

ラーチ合板の壁、杉フローリング、無垢梁と柱

DSC_0353

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜の屋根の家より

化粧垂木の天井(ラワン材)、檜フローリング、米松梁、

杉柱、無垢手摺り、ラワン材の建具

DSC_3913

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上水の家より

タイル床、珪藻土壁、コンクリート打ち放し壁、シナ合板扉

_DSC2167

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上水の家より

木製目隠し、吹付外装、コンクリート打ち放し

_DSC2145

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜の屋根の家より

焼杉板、左官外装、軒裏杉板張り

DSC_4226

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、今後も他の部分に注目してご紹介していきたいと思います。

 

写真撮影:新良太

階段に注目してご紹介します。

2018/03/07

先日のキッチンに引き続き、

これまで設計させていただいた住宅の

『階段』に注目してご紹介します。

 

階段は個室とするのではなく、

リビングの一部であったり、

オープンスペースの一部にあったり、

とすることが多いです。

 

階段や廊下を仕切ってしまうと、

建物の中で床面積を使ってしまうこともありますが、

家族といる場所から分離されてしまうような気がします。

廊下・階段という用途は、人の流れがある場所というか、

空間と空間の繋がりのある場所だと思っています。

 

階段は部屋の中にあっても良いもの、

視覚的に邪魔にならないデザインを意識して設計しています。

鉄骨製の階段で、木造よりも軽やかな印象にすることや

逆に木造であればその材質を部屋の中で統一感のあるもので、

考えています。

 

 

_DSC2040

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上水の家より。

鉄骨と集成材の段板を組み合わせた半螺旋階段です。

狭小の住まいのため、建物に対して階段の占める割合が多く、

抜け感を大事にして、空間と空間をつなぐを意識しています。

_DSC2074

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半螺旋の周り部分は、浮いています。

_DSC2069

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングの一角にあります。

_DSC2106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畳間からの階段の景色。

 

 

 

 

 

K_3487

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公園を望む家より。

フラットな鉄骨のササラと

集成材の段板をシンプルな形状で組み合わせました。

K_3561

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングに面した畳間から2階へ。

 

 

T019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タテノニワより。

鉄骨と集成材の段板を組み合わせた

螺旋階段です。

T025

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関を入るとまずは階段が目に入ります。

 

 

IMG_7088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土間と吹抜のある家より。

鉄骨と集成材の段板を組み合わせた階段です。

IMG_6959

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上からはササラもなく段板だけ見えます。

 

 

DSC_0341

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢川の家より。

木造の直線階段です。

DSC_0244

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階から屋上への階段は、

壁に埋め込み、段板だけが浮いて見えます。

光を下まで届けます。

 

 

DSC_4052

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜の屋根の家より。

木造の階段で手摺りは鉄骨製です。

DSC_4021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

段板は杉の無垢板を使っています。

 

 

353A6862

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井の頭の住宅より

鉄骨と集成材の段板の階段です。

出来るだけ軽やかに。

353A6872

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回はまた別の部分に注目して、

ご紹介したいと思っています。

 

 

写真撮影:新良太

(※土間と吹抜のある家、井の頭の住宅 を除く)

 

 

 

 

 

 

キッチンに注目してご紹介します。

2018/03/07

こちらは、もう一つのブログG.CraftDaiaryでも

書いた記事です。

 

 

 

今日は、これまでの設計させていただいた

お住まいのキッチンをご紹介したいと思います。

 

キッチンの形も様々。

キッチン自体を造作したもの、

既製品のシステムキッチンを取り付けたもの、

建主様の使い勝手や、予算などご希望を聞いて

提案しています。

 

最近は対面キッチンが主流ですが、

その場合のリビングとの関係や

仕上げにも工夫をしています。

 

個人的には、キッチンに立った時の視界や見られる景色が

気になるので、そういった写真も選んでご紹介したいと思います。

 

 

_V3A6361_atari

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タテノニワより

コンパクトな我が家はキッチンはオープン、

家具の一部と考えて造作しました。

_V3A6319_atari

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンに立つと部屋が一望。

子供が何をしているか、家事をしながらもいつも視界の片隅に。

家事をしながらも家族との距離が近いことが良かったと思っています。

 

 

DSC_0300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢川の家より

キッチンは木の箱の中にあるようなイメージ。

背面の収納も箱もラーチ合板の木目が効いています。

背面収納は大工さん手作りのシンプルな棚が基本です。

DSC_0303

キッチンからは、リビングを一望でき、家事スペース兼

仕事スペースのカウンターへは土間の床で繋がっています。

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葛西の住まいより

対面キッチンは上部までオープン。

鮮やかなブルーのタイルと

木目の際立つ杉圧密フローリングとの相性が良いです。

 

 

K_3505

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公園を望む家より

和の雰囲気のインテリア、

対面キッチンの腰壁には焦げ茶の杉板を張りました。

K_3508

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンからは、鉄骨階段を介して玄関土間を見えます。

 

 

M_6831

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間のある家より

キッチンは家具職人の建て主様本人が造作されました。

M_6778

キッチンに立つと、オリジナルのダイニングテーブルが。

賑やかなご家族の顔を見ながら家事をされています。

 

DSC_4177

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜の屋根の家より

DSC_4182

キッチンに立つと、自然豊かな景色が全面に広がります。

 

 

_DSC2125

上水の家より

老夫婦の為にキッチンはコンパクトにまとまっています。

_DSC2059

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狭小敷地ではありますが、

キッチンに立っても明るく光が溢れています。

 

今回は、キッチンに注目してご紹介しました。

また、今後も様々な部分に注目して

ご紹介していければと思います。

 

 

写真撮影:新良太

(タテノニワを除く)

 

 

寺院庫裏(書院)新築工事 外壁下地

2018/03/06

寺院書院新築工事

こちらは外壁の下地です。

今回はモルタル下地に漆喰仕上です。

このモルタル下地は、私どものご提案する住宅でも

同じ工法をとっています。

 

 

下の写真が構造がよくわかるので

載せてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ますは透湿防水シート

これは下の写真でうっすら白く見える部分

この上に外壁通気層を設け、

木ずり下地となります。

さらに、アスファルトルーフィング

そしてラス網を張って、やっとモルタル下地の1回目です。

モルタルが塗ってあるだけに見えますが、その内部は多数の工程を得ています。

それぞれに、役割があり大事なものだから省略できるものもないです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

実は、最後のモルタルに寒冷紗というひび割れ防止用のネットを塗り込みます。

外壁の仕上材の下地となる部分ですが、なかなか目に触れることのない工程なので

取り上げてみました。

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

 

4 / 25« 先頭...23456...1020...最後 »