変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

寺院庫裏(書院)新築工事 付書院

2018/02/06

寺院庫裏(書院)新築工事

 

広間・床の間脇の付書院の形が見えてきました。

広縁からみたところです。

DSCN5476

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5669

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、広間側から。

床の間や書院の形状は様々です。

また、床柱や床框、落とし掛けなど

使用する材種で雰囲気が変わってしまいます。

今回は、広間の顔となるこの部分は大事でした。

最終的にどんな材種を使用したかは

完成した時に書きたいと思います。

 

今回のプロジェクトは、以前の書院の建物の雰囲気を残しつつ、

新しい和の空間も提案しています。

この付書院も、以前の建物には書院はなかったのですが、

ご提案させていただきました。

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

寺院庫裏(書院)新築工事 天井杉板

2018/02/05

寺院庫裏(書院)新築工事

広間の天井は竿縁天井。

天井板は無垢の杉板を羽重ねです。

竿縁も近くで見ると大きいサイズを使っています。

DSCN5489

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの杉板は違う場所に張る物ですが、並べて色合いや木目を

合わせながら、それぞれの使用箇所へ振り分けています。

無垢の板なので、同じ板を割いている組み合わせ以外は

全く違う表情です。

DSCN5685

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またこちらも天井の使う網代の見本です。

DSCN5322

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事前に確認してから施工を行いました。

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

 

寺院庫裏(書院)新築工事 敷居取付

2018/02/03

寺院庫裏(書院)新築工事

 

敷居の取付です。

下の写真の床に置いてあるものが取付前の敷居です。

 

DSCN5336

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調整や加工の後

DSCN5332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取付ました。

DSCN5333

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横から見ると、横せんがあります。

完成すると見えない部分ですが、大工さんの丁寧な仕事ぶりを

せっかくなので載せてみました。

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

 

 

建築士定期講習

2018/02/03

先日、建築士の定期講習を受けてきました。

これは、建築士事務所に所属する建築士が、3年毎に絶対に受講しないと

いけないものです。

最後に修了考査もあります。

 

早いもので3回目の受講。

朝から夕方まで缶詰です。

窓も少ない部屋だったので、帰る時に外が真っ暗だったのは

少し悲しかったです。

 

講習を受けて、やはり建築士としての責任を再認識。

これからも初心を忘れずに励みたいと思った1日でした。

IMG_4880

寺院庫裏(書院)新築工事 玄関框

2018/02/03

寺院庫裏(書院)新築工事

 

玄関框と式台が取り付けられました。

材種はケヤキ無垢材。

 

前のブログで紹介した、搬入されていたものです。

両側靴置きがあり、式台は玄関を囲むよう三方向にあります。

 

DSCN5311 DSCN5312

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真は、取り付けの確認のために養生を剥がしてもらったものです。

このサイズで無垢材。

木目も美しいです。

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

 

7 / 22« 先頭...56789...20...最後 »