変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

もうひとつ、ブログがあります。

2018/02/28

ホームページをリニューアルする前に

更新していた、もうひとつブログがあります。

こちらは、ホームページとは一味違ったブログとなっていますので、

よろしかったら、覗いてみてください。

 

o016001601326330217525

 

 

 

 

 

StudioGreenCraft official blog

寺院庫裏(書院)新築工事 火灯窓

2018/02/23

寺院庫裏(書院)新築工事

玄関には火灯窓を設けています。

DSCN5992

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火灯窓が取り着くと、お寺の雰囲気が増してきました。

ちなみに外観は

DSCN5959

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外部の火灯窓は、まだ見えないです。

 

外装工事も、進んできています。

最終的な仕上は漆喰になりますが、その下地としてモルタルを塗る仕様

としています。

 

取り付け前の火灯窓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、火灯窓と書いて「かとうまど」と読みます。

漢字については、いろいろと他にも書き方があるようで

花頭窓とかもあるようです。

 

ロウソクの灯火のようだから火灯窓

蓮の花の形から花頭窓

どちらも、それらしき理由がありそうです。

 

今回はご住職にお話をを聞いた結果

火灯窓と記載しました。

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

寺院庫裏(書院)新築工事 玄関

2018/02/15

寺院庫裏(書院)新築工事

 

玄関廻りをを外部から見たところです。

屋根は入母屋になっています。

DSCN5959

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関の軒裏は、室内と一体となるように同じ竿縁天井を連続して張っています。

玄関の扉の欄間部分も、ガラス越しに廉造するようにしています。

寺院建築では、この部分に額を掛けたりするので、

少し、形式を崩したご提案でした。

白い養生材が巻かれているのは、磨き丸太の柱です。

外壁仕上は漆喰塗りとなり、今は木摺りの下地が見えています。

DSCN5958

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5961

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中を覗いたところです。

欄間越しの天井のつながりが出ています。

奥の天井部分の穴は、照明を制作する予定になっています。

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

寺院庫裏(書院)新築工事 瓦壁

2018/02/08

寺院庫裏(書院)新築工事

 

現場に搬入されたこの材料。

波型だったり、直線だったり。

DSCN5660

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、これは瓦です。(淡路瓦)

普通は瓦といったら、屋根に使うものですが

これは壁に使います。

しっかりとした和の造りをしている部分と、少し形式を崩した空間を融合したいと思い

内装の一部分に、アクセントとして力強い和の素材を使いました。

張り方は、瓦の小口が見えるように積み上げていきます。

 

 

DSCN5681

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

波型の瓦を積み上げて張っていきます。

仮並べをしながら施工しています。

 

DSCN5974

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瓦の陰影が雰囲気を出してくれそうです。。

 

DSCN5988

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穏やかな海の漣のようです。

 

広間から見たところ、黙々と作業を進めています。

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

寺院庫裏(書院)新築工事 ラスボード

2018/02/08

寺院庫裏(書院)新築工事

 

内装工事が着々と進んでいます。

室内の仕上は主に漆喰です。

昔は、竹で小舞を編んでそれを骨組みに左官を塗っていたのですが

それに変わる材料として出てきたのが、今回張っているこのラスボードです。

それ以外にも、石膏ボードに目地処理をして直接漆喰を塗る方法もあります。

ラスボードはこの上にプラスターを塗って、その上に漆喰となります。

石膏ボードよりも塗り厚が多く・・・ということは作業工程も多くなります。

 

ちなみに、ラスボードは、塗り壁の下地として細かな孔があいた

左官材料の付着が良い良い石膏ボードの一種です。

 

 

各室にラスボードが張られ、

全体の造りが見えてきました。

 

DSCN5466

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5468

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5489

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5482

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボードが張られると、景色が切り取られます。

見え方が良い雰囲気です。

DSCN5672

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

 

 

7 / 25« 先頭...56789...20...最後 »