変形敷地など注文住宅の相談は小平市の設計事務所 | スタジオグリーンクラフト

042-344-6686

News

寺院庫裏(書院)新築工事 材料検査

2018/01/30

話はさかのぼりますが、寺院庫裏(書院)材料検査を行いました。

現場が始まる前に、施工会社さんの加工場へ、

お寺のご住職と護持会の役員の方々と一緒に伺いました。

 

今回使う材料は全て無垢材。

柱などの材料は、ほぼ見え掛かりの材料なので

どんな木材を仕入れて貰えたのか

わくわくしながらお邪魔しました。

 

材料5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この材料はヒノキの柱

基本は5寸角(150mm角)

ヒノキのピンク色の美しい木肌でした。

 

材料11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても太いですが、これは床柱。

北山杉の出絞り丸太

自分は目通りと言って目線の高さで

太さを決めているので

木の根元はこれだけ太いです。

ちなみに、末口(木の先端)でサイズを決めることもありますよ。

 

材料3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この杉の板は、数年枚にお寺の境内の整備の為に伐採してあったもの。

丸太のままだったのですが、工事に合わせて持ち帰り挽いてもらいました。

開けてみたら、とても美しい肌だったので

建物にも採用も決まり、あとはどこに使うか。。。

皆様に宿題を頂きました。

 

こちらの工事の状況は↓

寺院書院

寺院庫裏(書院)新築工事 掛込み天井

2018/01/29

寺院庫裏(書院)新築工事

建物のイメージを数寄屋風としていることもあり、

廊下と広縁の天井を、掛込み天井としました。

今回は、下の部分を垂木の形状に、天井部分はサワラ材としました。

下部分を丸太にしたり、天井部分を木小舞としたり

方法はたくさんありましたが、廊下や広縁には奥行があったり

寺院ということもあったり、天井の高さも高かったり・・・

今回はこの形状に決定したものの、

垂木の間隔や、サイズも決めるのことに苦慮。

 

DSCN4846

DSCN4961

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

 

 

 

 

 

 

 

寺院庫裏(書院)新築工事 上棟式

2018/01/29

寺院庫裏(書院)新築工事

工事は無事に竣工し、既にお引渡しもしておりますが・・・、

日々の作業に追われブログ更新まで手が届かず、

なかなか進行状況のご報告ができていませんでした。

 

こちらもとても内容の濃い、工事でした。

 

大変遅くなってしまいましたが、

これから工事の状況を振り返りながら、

ブログに綴らせていただきたいと思います。

 

この建物はお寺の付属施設。

もちろん上棟式は仏式です

DSCN4852

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事の安全を願いながら、

山々に響くお経の音は、神聖な気持ちになりました。

 

 

こちらの現場の状況は↓

寺院書院

 

 

 

 

 

初詣

2018/01/31

仕事始めに府中の大国魂神社に初詣です。

 

IMG_4731

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祭日に行ったこともあって、人が多いです。

子供と行ったので、出店なども楽しみながら

御祈願まで含めて2時間ほどかかりました。

IMG_4724

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4727

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も、1年宜しくお願い致します。

 

新年のご挨拶

2018/01/04

新年、あけましておめでとうございます。

本年も何卒、よろしくお願い申し上げます。

皆様におかれましても、充実した一年に

なりますようお祈り申し上げます。

 

一級建築士事務所 Studio Greencraft / 日部 友裕

年賀状_2_v2016.vwx

 

斜の屋根の家  撮影:新 良太

 

 

9 / 22« 先頭...7891011...20...最後 »